売掛金現金化のファクタリングで事業資金を即日調達!ファクタリング業者徹底比較資金調達ホットライン

ファクタリングで売掛金を即日現金化【資金調達ホットライン】

ファクタリングサービスのいろは

ファクタリング契約する際の手数料の内訳や種類

投稿日:

ファクタリングの手数料の相場

事業資金を調達するためにファクタリングを利用する場合には必ず「手数料」がかかることは間違いありません。

手数料の割合は各ファクタリング業者やファクタリングの方法によって違っており、手数料の割合はパーセンテージで示すことになるため、高額の売掛債権になるほど買取価格には大きな影響を与えることになるのです。

売掛金を現金化する企業にとって実質的に大きな問題である手数料について、目安となるパーセンテージやファクタリングの方法による違いを説明します

ファクタリング契約する際の一般的な手数料とは?

ファクタリングの手数料とは

ファクタリングサービスは、売掛債権を売却して買取代金を得ることができますが、債権額の額面の金額を100%の割合で買い取ってもらうことは出来ません。

ファクタリング業者は、売掛金の一部を手数料として受け取る(差し引く)ことで利益を出しています。

ファクタリングでの売買手数料は、ファクタリング業者ごと、方法ごとに異なっており、各ファクタリング業者の手数料の違いは利用する業者で査定し比較するしかありませんが、方法による差についてはあらかじめ目安として理解しておくことが可能です。

2社間・3社間で違う手数料の平均相場

一般的にもっとも多く利用されている一括ファクタリングの取引形態には2社間と3社間があります。

民間のファクタリング業者では主に行なわれているのが2社間のファクタリングであり、売掛先の同意、契約が必要な3社間はあまり行なわれません。

2社間はファクタリング業者と利用する企業間の取引となるため、スピーディで売掛先にも知られない方法ですが、手間とリスクがかかります。

そのため、手数料は2社間の方が高くなることは間違いありません。

2社間ファクタリングの手数料の平均相場としては1030%程度3社間では5%未満が目安の割合といえるでしょう

3社間と比較すると2社間ではかなり高めの手数料を差し引かれることになりますが、売掛先に資金繰りの悪さを疑われることを恐れて、多くの会社が2社間ファクタリングを選んでいるのが実態です。

リコースとノンリコースでも手数料は違う

ファクタリングでは、2社、3社の取引形態だけでなく、償還請求権の有無によっても手数料が変わります。

償還請求権ありの取引をリコースファクタリングといいます。

リコースファクタリングを利用すると、売掛先が倒産した場合、業者に対して売掛金の支払い義務が発生します。

そのため、手数料はリコースファクタリングの方が低く、ノンリコース(償還請求権なし)の方が高くなります。

また、リコースファクタリングは、金融機関やクレジット会社などによる売掛金を担保にした融資にあたり、手数料は利息として計算されます。

ファクタリング契約で必要となる費用の金額の内訳

ファクタリング手数料の内訳

ファクタリングを利用する際には、手数料以外にかかる金額もあります。手数料以外の経費としては、

  • 契約事務手数料
  • 調査費
  • 登記費用
  • 収入印紙
  • 留保金
  • 出張費

などがあり、主に大きく影響しやすいのが「登記費用」「留保金」です。

ファクタリング契約においての登記費用は司法書士の行なう債権譲渡登記事務の費用で、平均的な相場は8万円~10万円程度かかります。

留保金はノンリコースファクタリングの際に必要なもので、金額の一部を決済まで業者が預かるというものです。

取引先からの入金及び決済後は手数料などを清算した後で留保金は返還されることになります。

ファクタリングでの手数料で注意するポイント

ファクタリング手数料のポイント

ファクタリングを利用する場合、手数料のパーセンテージを見比べて業者選びをすることもあるでしょう。

しかし、ファクタリングの手数料の表示には良いことしか書かれていないものもあります。

よくあるファクタリング業者の公式サイトに表記されている手数料が低すぎる場合には注意が必要です。

例えば「5%~」とあった場合、2社間で「5%」の手数料はかなり低い割合に感じられますが、「~」が付いているため5%以上という表現になります。

したがって手数料5%で利用できるのは最低のパーセンテージを適用されるケースのみであり、実際にそのファクタリング業者の手数料が30%だったとしても虚偽ではありません。

もちろん、本当に優良な企業の債権であれば最低限の手数料で済むこともありますが、ファクタリング業者によっては単なる売り文句に過ぎないこともあります。

それどころか、さまざまな経費を上乗せして最終的に高い金額を差し引かれる可能性も十分に考えられるのです。

ファクタリング利用時には、自社の持っている売掛債権の価値を見極め、安い手数料のうたい文句や高すぎる請求に乗らないことが大切です。

ファクタリングの手数料だけを比較するのは危険

手数料だけを比較するのは危険

事業主にとって売掛金を早期に現金化できるファクタリングには多くのメリットがあるといえるでしょう。

それに対しファクタリング業者は手数料を得ることによって収益を上げるビジネスです。

手数料の金額や割合は各ファクタリング業者や方法によって差がありますが、平均的な金額の範囲を知っておくと比較しやすく安心です。

ちなみに一般的な民間ファクタリング会社で利用されている2社間ファクタリングでは20%程度が平均的な手数料の相場といえるでしょう。

大切な売掛金を有効に活用するために、目安となるパーセンテージを知り、慎重に比較検討を進めることが事業のキャッシュフロー改善にファクタリングを有効活用する秘訣です。

-ファクタリングサービスのいろは
-, , , ,

Copyright© ファクタリングで売掛金を即日現金化【資金調達ホットライン】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.