売掛金現金化のファクタリングで事業資金を即日調達!ファクタリング業者徹底比較資金調達ホットライン

ファクタリングで売掛金を即日現金化【資金調達ホットライン】

ファクタリングサービスのいろは

債権譲渡登記の有無と登記なしのファクタリングによる利点

投稿日:

ファクタリングを利用する場合には、ほとんどが債権譲渡登記を行なうのが一般的な契約といえるでしょう。

これはファクタリング業者が自社の買い取った債権の権利を主張するためのものであり、法律的には重要な手続きです。

しかし、利用する会社からすると債権譲渡登記をされることでデメリットもあります。

ファクタリングの債権譲渡登記の有無による影響の差と無しで進める方法について考えてみましょう

ファクタリング契約における債権譲渡登記

ファクタリングにおける債権譲渡登記

ファクタリングは、その専門業者などによって売掛債権を売却して現金化するサービスのことを言います。

ファクタリングサービスを利用する事業者は取引先に商品を売却し(サービスを提供し)、支払いを受けることになるのです。

BtoBによる企業間の売買取引では、現金をその都度払いすることは少なく、掛売りが主流となっています。

売掛金は売り上げとして計上できますが、実際には現金がまだ手元にない状態でありたとえ黒字決済であってもキャッシュがない状態というケースは少なくありません。

そのため売掛金の決済日前には、現金払いの支払い先や給料支払いに当てる現金が不足すること十分ありうることなのです。

そんな時に早期に売掛金を現金化することができるのがファクタリングサービスですが、ファクタリング業者もまだ入金していない売掛金という債権を買い取ることになるため、業者としては先々にしっかりと現金を受け取る証明が必要です。

その売掛金の債権が譲渡された証明として行なうのが、債権譲渡登記となります。

債権譲渡登記を行なうと、ファクタリング業者が売掛債権を譲渡されたことが公的に証明され、他の業者が権利を主張できなくなります。

債権譲渡登記の有無と債権未回収のリスク

債権未回収リスクのあるファクタリング

債権譲渡登記は、登記することによって法的に債権の所有者を証明するものであり、ファクタリング業者の安全性を高めることが出来るものです。

そのため、基本的にはファクタリングを行なう際には債権譲渡登記を行なうことが一般的な契約といえるしょう。

ただし、ファクタリング契約で債権譲渡登記を行なうと、ケースによっては現金化した会社に不都合が生じる恐れもあるようです。

登記は利用会社の不正を予防するため

ファクタリングでは手形での決済のように実際のものや現金をやり取りするのではないため、現金化する会社による不正なファクタリングをされるリスクも持っています。

債権の二重譲渡

例えば、ファクタリングを利する用会社が1度売却した債権を再び別の業者に売却する二重譲渡などです。

二重譲渡をされると、債権の権利を主張する業者が2社になってしまい、どちらが支払いを受けられるか分かりません。

そうした状況を作らないために債権譲渡登記を行い、あらかじめ権利を証明できるようにしておくのです。

存在しない架空の売掛債権の売買

ファクタリングは取引先から入金される予定の債権を売買する企業による資金調達方法ですが、架空の請求書を発行すれば現金化することも不可能ではありません。

したがって悪意のある企業が存在しない架空の売掛債権を現金化するという手口もあるのです。

もちろん契約不履行ということは間違いありませんが、取引先には通知しない2社間ファクタリングではまったくないわけではありません。

登記は基本的には知られることはない

ファクタリングを利用する会社としては、売掛金を売ったことが取引相手に通知されることは避けたいと思うものです。

そのため「債権譲渡登記などしたら取引先に現金化した事実を知られる確率が高まる」のではないかと考え、債権譲渡登記を嫌がる会社も少なくないでしょう。

当然ながらファクタリングしたことを取引先に知られれば「あの会社は資金繰りが良くないないので破綻するかも知れない」と取引ができなくなることも考えられます。

ところが、債権譲渡登記が取引先の企業に知られる確率は意外と高くありません。

登記は公的な証明であり公開される情報なので、法務局に行って調べられればファクタリングした事実をしられてしまうリスクはあるでしょう。

しかし、一般的にわざわざ債権譲渡登記をされているか法務局へ出向いて調べる人はいませんし、法務局から取引相手に連絡を入れられることもありません。

そのため、基本的には債権譲渡登記をしたからといって取引先との関係は変わることはないのです。

唯一のリスクは融資の審査

ファクタリング業者による債権譲渡登記は、法務局で調べなければ他の人・会社にバレることはありませんが、1点だけ注意が必要なことがあります。

それは、銀行の融資の申込をしている若しくはする予定のある場合です。

銀行で行なう融資では、必ず審査が行われますが、その審査の過程において債権譲渡登記をチェックされることもあり、審査に悪影響を与える恐れがあります。

融資の金額が高額になるにつれて、そのリスクは高まる傾向にあることは間違いありません。

ファクタリングを使う会社には、銀行融資が受けられないような事情を持つところも多いものですが、中にはそこまで経営状況が悪くないのに一時的な資金ショートを凌ぐためにファクタリングを使うこともあるでしょう。

銀行融資も期待できる状況下では、ファクタリングの必要はあっても、リスクとなる債権譲渡登記は避けたいものです。

債権譲渡登記をすることなくファクタリングは可能か?

債権譲渡登記の有無

債権譲渡登記は、基本的にはファクタリングには「あるもの」を前述しました。しかし、方法によっては債権譲渡登記をせずにファクタリングを利用することも可能となります。それは、売掛先にファクタリングのことを認めてもらう3社間ファクタリングを利用する方法です。

3社間ファクタリングでは債権譲渡通知は必須

3社間ファクタリングとは、ファクタリング業者と利用する会社、さらに取引相手である売掛先の3社で行なうファクタリングです。

売掛先に債権譲渡通知を出し、それに同意してもらうことで、登記を避けてファクタリングを利用できます。

売掛先に知られることは多くの会社が恐れるものですが、正当な必要性と自社の経営の安全性を納得してもらうことが出来れば、信用を失うことなく3社間ファクタリングを利用できることもあります。

どうしても2社間ファクタリングで済ませたい場合

ケースによっては、登記をせずにファクタリングできる場合もあります。

民間のファクタリング業者では2社間ファクタリングがメインとなっており、現金化する企業も取引先に知られることは回避あしたいため同意の上でのファクタリングとなるのです。

また、譲渡の証明として内容証明郵便の通知で済ませて、登記をしない場合もあります。

その場合、債権譲渡登記留保によるファクタリングというのも可能で登記費用や削除費用を削減することが可能な方法といえるでしょう。

-ファクタリングサービスのいろは
-, , , , ,

Copyright© ファクタリングで売掛金を即日現金化【資金調達ホットライン】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.