売掛金現金化のファクタリングで事業資金を即日調達!ファクタリング業者徹底比較資金調達ホットライン

ファクタリングで売掛金を即日現金化【資金調達ホットライン】

ファクタリングサービスのいろは

有効にファクタリングを活用するためのメリット・デメリット

更新日:

ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングは、売掛金を早期に現金化することができる事業者による資金調達方法であり、現金が必要な企業や商店などにとっては運転資金を工面する上でとてもありがたいシステムといえるでしょう。

しかし、ファクタリングにはメリットだけではなくありがたくないデメリットも存在しているため、メリットばかりに目を向けるのも良くありません。

ではファクタリングによる売掛金を現金化するメリット・デメリットを見極めて、実際に利用するかどうかを慎重に検討しましょう。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリット

まず最初に、押さえておきたいファクタリングのデメリットについて紹介します。

ファクタリングは借入れとは違い、

  • 返済の必要はない
  • リスクは少ない

といったように見えますが、ファクタリング特有のデメリットも少なくありません。

注意深くデメリットをチェックして、安全に利用できそうかどうか、判断材料にしましょう。

信用に若干傷が付く恐れが

一括ファクタリングの方法には基本的に、

  • 2社間
  • 3社間

の2つがありますが、3社間でのファクタリングでは売掛先である取引先企業にもファクタリングを利用したことを知られることになります。

3社間でのファクタリングはファクタリンツ会社と売掛金を現金化する企業だけではなく取引先を含めた3社間でのファクタリング契約を行う方法です。

ファクタリングを利用するのは、一般的には現金が必要だからであって、取引先としては「あの会社は現金が不足していて大丈夫だろうか」と不安を感じてしまいます。

また、ファクタリング会社に債権を渡されることを快く思われない企業というのも少なくないでしょう。

今後の取引先との長い付き合いを考えると、信頼関係に傷が付くことは大きなデメリットです。

信用を守ると手数料が高い

ファクタリングでは、取引先に知られることなくファクタリング会社と利用する企業の2社間で行なう方法もあります。

2社間ファクタリングの場合、取引先企業にはファクタリングの事実を知られることはなく、信頼関係を守ることが出来ます。

ただし、2社間でのファクタリングは売掛債権回収のリスクが高くなるため、それに比例して手数料も高くなるのが一般的です。

取引先との信用を守るか手数料を取るか、取引先企業との関係なども含めて考慮したほうがよいでしょう。

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリット

ファクタリングには確かにデメリットもありますが、それ以上に大きなメリットもあり、上手に使えば事業の経営危機を乗り越えて、業績を立てなおすことができる可能性もある有効な資金調達方法です。

ファクタリングのメリットをチェックして、上手く使える資金調達方法を検討してみましょう。

簡易的な審査で利用できる

銀行からの借入れは審査が厳しく、可能性は絶望的・・・という企業は少なくありません。

しかし金融機関やノンバンクによる審査を通過するのが困難な会社であってもファクタリングであれば資金調達ができる可能性が残されています。

ファクタリングによる審査では自社の信用情報というよりは、売掛債権の有無と売掛先の安定性に重点を置かれるため、借入れの審査とは別の基準でファクタリングの審査は行われることになるのです。

そのため、銀行融資で門前払いされた会社でも現金を作れる手段として利用することができるでしょう。

また、大抵のファクタリング業者が大手銀行のように審査から融資までのスピードが遅くないため、急いで現金を用意したい時にも利用しやすくなっています。

担保や保証人がなくても簡単に利用できる

ファクタリングのメリットとしては、1度取引をしてしまったら手間がかからないことも上げられます。

ファクタリングは借金ではないため、保証人の準備も必要なく、返済義務もありません。

そのため、売掛債権を売却して現金を手に入れたら、後は何も手間を負うことなく事業に専念できます。

ビジネスローンなどの借金をすれば、保証人には頭を下げ、返済期日のたびに資金繰りや入金の手間がかかりますが、ファクタリングでは一切必要ありません。

2社間の取引の場合には売掛金の移動をすることはありますが、単なる移動に過ぎず、(基本的には)返済に追われることはなく有効に資金を活用することができるのです。

決算書に影響しない

ファクタリングが借金ではないことは、決算書の内容にも良い影響を与えます。

企業の経営では借入れがあっても問題にならないことはありますが、多すぎる借入金は問題です。

ファクタリングを利用すれば、これ以上の借入れ金の増加を抑えて現金を準備できるため、決算書をキレイな状態で維持できます。

ファクタリングはメリットの方が圧倒的に多い

ファクタリングには多くのメリットがある

ファクタリングにはデメリットもあり、使いにくいと感じることもありますが、基本的にはメリットが多く、現金を必要としている企業には非常に利用価値の高いサービスです。

また、急いで資金調達したい場合にもファクタリングが役立ちます。

ではファクタリングによる資金調達方法の大きなメリットをまとめたので参考にしてください。

  1. 2社間ファクタリングは取引先に知られず現金化できる
  2. 銀行融資のような厳しい審査はない
  3. 売掛先が破綻するなどの未回収のリスクを回避
  4. 保証人・担保がなくても資金調達が可能
  5. 最短即日で事業資金を調達することができる

-ファクタリングサービスのいろは
-, , , ,

Copyright© ファクタリングで売掛金を即日現金化【資金調達ホットライン】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.