売掛金現金化のファクタリングで事業資金を即日調達!ファクタリング業者徹底比較資金調達ホットライン

ファクタリングで売掛金を即日現金化【資金調達ホットライン】

注意すべきファクタリングのポイント

ファクタリングでも重要となる審査の基準

投稿日:

ファクタリングの簡易的な審査

ファクタリングは銀行ローンやノンバンクによるビジネスローンなどの融資(借入)とは違い借金ではありませんが、審査が行われています。

ファクタリングにおける審査は、内容や基準が金融機関のローンとは違います。

審査に通過するためには審査の内容や基準を理解して、できるだけ観られるポイントをクリアしておくことが大切です。

ファクタリングの審査の内容や重要視されるポイントについて紹介します。

ファクタリングの審査の概要

ファクタリングでの審査内容

ファクタリングの審査は、基本的には短期的な状況に焦点を当てて行われるものです。

ファクタリング業者としては、ファクタリングに利用される売掛債権が期日にしっかりと支払われることと利用した会社が支払われた売掛金をファクタリング業者側へ入金することを確認するために審査を行っています。

銀行などの金融機関で行なう融資の場合には、中長期的な経営の安定性と返済リスクの有無を審査しなければいけませんが、ファクタリングではそこまで長いスパンでの審査の必要性はありません。

そのため、経営の安定性が多少悪い企業でもファクタリングは利用できる可能性はあります。

しかし、その反面、ファクタリングでは利用する売掛債権についての審査という別のポイントにも注目されます。

そのため、売掛金のタイプや売掛先の安定性によっては断られる恐れがあるという借入金とは違ったリスクも持っていることになります。

取引形態による審査の厳しさの違い

ファクタリングの審査では、利用するファクタリングの取引形態によって厳しさが異なります。

ファクタリングには2社間と3社間の取引がありますが、基本的には2社間は審査に通りやすく、3社間は審査に通りにくい傾向です。

そもそも3社間のファクタリングは売掛先の理解と承認が必要なため、売掛先から断られることもあります。

しかし、それだけでなく、手数料が低めになっているため、高い信用力が求められるのです。

信用度が低い場合にはリスクが高くなり、安い手数料の3社間ファクタリングをするメリットが業者側になくなってしまいます。そのため、3社間では審査が厳しくなるのです。

ファクタリングの審査内容と基準

ファクタリングの柔軟な審査

ファクタリングの審査内容と基準について紹介します。

ファクタリングでは主に「売掛債権」「売掛先」を重視する傾向があり、さらに「利用する会社」を審査して最終的にリスクを加味した売掛金の買取金額を提示、もしくは見送りの判断をします。

そこに至るまでのファクタリング業者の審査内容と見られている点をチェックして、審査を有利に進めるヒントを探ってみましょう。

売掛債権の信用

ファクタリングでもっとも重視されるのが、売掛債権の信用度です。

ファクタリングは売掛金を売買して、その額面の範囲内で金額が決められるため、その売掛金の金額が正しく、期日にしっかりと支払われることが確認できないと実施できません。

反対に言えば、売掛金が支払われることさえ確認できれば、審査はずっと楽になるでしょう。

売掛金に関しては、以下のようなポイントに重きを置いてチェックが行なわれます。

  • 継続的な売り上げか
  • 二重譲渡ではないか
  • 実在の売掛金か
  • 不良債権ではないか
  • 清算の期日は妥当か

売掛金の二重譲渡とは、他のファクタリング業者にも同様の依頼をし、複数社に買い取らせて現金を得ることで、詐欺罪にあたります。

やってはいけないことですが、ファクタリングに頼る会社では現金に困っており、つい悪事に手を染めてしまうこともあります。

また、実在していない売掛金をでっち上げて業者を騙そうとする会社も中にはあるため、審査では売掛金の存在確認にも重きを置いています。

売掛金の支払いのある清算日は大体1ヶ月先くらいが妥当です。それ以上長いものでは、回収リスクも高くなり、審査も厳しく見られます。

売掛先の信用

ファクタリングで売掛債権そのものと同時に重視するのは、売掛先の信用度です。

売掛先の審査では以下のような点が見られますが、審査は内密に情報機関などを使って行なわれます。

  • 過去の支払い状況は健全か
  • 経営状況は安定しているか
  • 会社設立からの年数

ファクタリングでは、売掛先が安定した経営をしていて、売掛金が支払われることが確実であればあるほど、回収リスクが低くなり、審査も通りやすくなります。

長く安定して支払いが続いており、経営が健全であることが重要です。

売掛金を現金化する会社の信用

特に2社間の取引の場合、ファクタリングを利用する会社の信用も重視されます。

2社間のファクタリングでは、売掛金の入金時に、「売掛先→利用会社→ファクタリング業者」と、ファクタリングを利用した会社が間に入って現金の受け渡しを行なうことになります。そのため、利用会社が期日に入金された売掛金を持ち逃げしたり、流用したり、または他から差し押さえられたりしないように、審査されます。審査で見られるのは以下のような点です。

  • 会社設立からの年数
  • 誠実さ(面談の印象・書類作成のスムーズさなど)
  • 税金滞納の有無(差し押さえリスクの有無)

設立年数が短く、いい加減な印象の経営者の場合には、売掛金を回収できない可能性を見られ、審査が厳しくなります。

ファクタリングは融資よりも柔軟な審査という特徴がある

ファクタリングの審査は簡易的

ファクタリングでは、金融機関のローンとは違った審査基準が設けられており、独自の審査が行われています。

ローンと比べると審査が簡易的といわれることもありますが、あくまでもそれは「ローンの際に見られる自社の経営状況よりも別の点を重視している」だけであり、ファクタリングならではの厳しさもあります。

特に2社間の場合、3社間よりも柔軟な審査ですが売掛先だけではなくファクタリングを利用する債権者も審査されることなるのです。

-注意すべきファクタリングのポイント
-, , , ,

Copyright© ファクタリングで売掛金を即日現金化【資金調達ホットライン】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.