売掛金現金化のファクタリングで事業資金を即日調達!ファクタリング業者徹底比較資金調達ホットライン

ファクタリングで売掛金を即日現金化【資金調達ホットライン】

ファクタリングサービスのいろは

でんさい・手形割引とファクタリングの違いとは?

投稿日:

でんさい・手形割引とファクタリングの違い

売掛金、売掛債権による取引は多くの企業で行なわれており、その活用法もさまざまな形があります。

昔ながらの手形取引もありますが、電子記録を用いた新しいサービスを利用している企業も増えています。

資金調達を考える上でも売掛債権の形や方法は重要で、資金調達における利便性の違いについて知っておく必要があります。

売掛債権の売買と企業による資金調達に大きく関係するファクタリン・でんさい・手形割引の違いについてチェックしておきましょう。

ファクタリン・でんさい・手形割引の概要

ファクタリングでの疑問

は、それぞれに売掛債権に関係するものですが、サービスの内容がそれぞれに違います。

ビジネスとしてのキャッシュフロー改善に上手に取り入れるならば、それぞれの意味と特徴を理解した上で活用することが大切です。

ファクタリング

ファクタリングとは、発生した売掛金を債権者がファクタリング業者へ売却し、売掛金の支払い期日を待たずに前倒しで資金を得る方法です。

売却方法としては、ファクタリング業者と債権者の2社間で行なうものと、

  • ファクタリング業者
  • 債権者(ファクタリングを利用する企業)
  • 債務者(売掛先となる企業)

を加えて3社間で行なうものがあります。

2社間では債務者、つまり取引の相手に知られることなく売掛金を売却できます。

基本的にファクタリングはノンリコースによる買取であり、売却した債権に対して元の債権者は保証義務はありません。

手形割引

約束手形による決済は昔ながらの紙ベースの売掛債権のひとつであり、手形割引は銀行の行なう手形の早期現金化です。

手形割引では、銀行は期日前の手形の額面から一定の割引率で計算した分を差し引いて現金を渡します。

割引は基本的に、手形を担保にした借入れであり、割引を受けた手形が不渡りとなれば、返済する義務を背負うことになるのです。

でんさい

でんさいとは電子記録債権のひとつであり、全国銀行協会が設立した電子債権記録機関、通称「でんさいネット」で取引可能な債権の名前です。

でんさいの他にもそれぞれの金融機関が作った電子債権記録機関で使える電子記録債権はあります。

でんさいは、インターネットを通して、商取引の支払いや決済、さらに譲渡や売買をすることもできる債権です。

ペーパーレスの利便性によって高く評価されていますが、手数料の関係で導入を躊躇する企業もあり、利用していないこともあるため、全ての取引で使えるとはいえません。

でんさいファクタリング・でんさい割引

でんさいでは譲渡・売買が行なえるといいましたが、でんさいで使えるサービスとしては「ファクタリング」と「割引」があります。

どちらも、上記のファクタリングと手形割引と同じような仕組みであり、でんさいファクタリングはノンリコースの買取方法で、でんさい割引は手形割引同様に返済義務を負います。

でんさいファクタリングやでんさい割引を行なう際には、必要な金額分だけ分割して譲渡や割引をすることが可能です。

ただし、売掛先に知られずに債権譲渡を行なうことはできません。

ファクタリン・でんさい・手形割引を比較

売掛金での資金調達方法を比較

ファクタリングや手形割引、そしてでんさいを使った売却にはそれぞれに違った特徴があります。

利用しやすいものを選ぶために、それぞれの特徴を比較してみましょう。

回収できなかった時の保証義務

債権が不渡りや回収できなかった場合、ファクタリングとでんさいファクタリングでは保証義務はありません。

一方手形割引、でんさい割引の場合には保証義務があります。

企業間の信用

債権の売却では、取引相手に知られると相手に「現金が不足している」ことを知られて、場合によっては信用を損なう恐れがあります。

そのため、知られずに取引を行ないたいと考える会社は多くなります。

ファクタリングでは、2社間の取引を選ぶことで売掛先に知られることなく現金化することができます。

手形割引も相手に知られることなく進められますが、でんさいのみ取引相手にも知られてしまいます。

利便性

個々の業者と直接取引を行なうファクタリングは、自社で業者を選んで利用でき、スピードや手数料などを比較できる利便性があります。

多数のファクタリング会社があり、選ぶ範囲も広くなっています。

手形割引は従来の資金調達方法となりますが紙ベースのため、銀行窓口や専門会社に手形そのものを持ち込む必要があります。

手形を持ち込んだ会社の信用度が重視され、審査は時間がかかり、断られることも少なくありません。

また、手形を分割して利用することはできないため現在のでんさいと比較すると現金化には適しているとはいえないでしょう。

でんさいは流通性が高く、利便性も期待できますが、そもそも対応していない企業もまだ多く、実際に活用できる範囲は狭くなります。

支払い元(債務者)の意向によって利用の可否は決まるため、債権を受け取る側は導入をお願いするしか利用の方法がありません。

売掛債権の現金化方法は違いを比較して選ぶ

売掛金の現金化方法比較

ファクタリングや手形割引、でんさいなど、いろいろな方法で売掛債権は売却、現金化することができます。

それぞれの方法によって特徴が違うため、無理なく使えて今後の取引に悪影響を及ぼさないものを比較して選ぶことが必要です。

ファクタリングは回収リスクの保証義務がなく、相手に知られない方法も取れるサービスなので、安心感が高く利便性も感じられます。

でんさいも良いサービスですが、導入してもらえるかどうかがネックになりそうです。

-ファクタリングサービスのいろは
-, , , ,

Copyright© ファクタリングで売掛金を即日現金化【資金調達ホットライン】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.