売掛金現金化のファクタリングで事業資金を即日調達!ファクタリング業者徹底比較資金調達ホットライン

ファクタリングで売掛金を即日現金化【資金調達ホットライン】

ファクタリングサービスのいろは

4種類に分類されるファクタリングサービスの基本的な方法

更新日:

4つのファクタリングの方法

ファクタリングは、売掛金を持っている会社の資金繰りをスムーズにして、経営を助けてくれる手段です。

ファクタリングにはいくつかの種類があり、種類ごとに特徴が違います。

どのファクタリングサービスを利用できるか、また、利便性も違うため、ファクタリングを活用する際には種類を選ぶことが必要です。

ファクタリングの種類は4つの方法に分類される

基本的なファクタリングの方法

ファクタリングは、大きく分けると4つの種類に分けられます。

売掛債権の内容やサービスの内容によって違っており、売掛債権の種類や自分が必要としているサービスによってファクタリングの種類も選ぶことが必要です。

資金繰りが苦しくて現金が必要といったケース以外でも、ファクタリングは利用されています。

一括ファクタリングとは

一括ファクタリングは、一般的に知られているファクタリングのことです。

売掛債権を使った資金調達方法であり、売掛債権を持っている会社がファクタリング業者に売却して現金を得ます。

ファクタリング会社は、その売掛債権を回収することで返済代わりとする仕組みです。

利用した会社は手数料を引かれた金額だけ、ファクタリング会社から受け取ります。

2社間ファクタリング

一括ファクタリングはもっともポピュラーなファクタリングとなりますが、2社間と3社間という種類があります。

2社間ファクタリングは、売掛債権を持っている会社とファクタリング業者間での契約となり売掛先となる企業に知られることなく売掛金を現金化する方法です。

3社間と比較するとファクタリング会社のリスクは高くなるため、それに比例して売買手数料も高く設定されています。

3社間ファクタリング

2社間で契約をするファクタリングに対して

  • 売掛先(債務者)
  • ファクタリングする会社(債権者)
  • ファクタリング会社

の3社間で売掛債権の売買契約を行うのが3社間ファクタリングです。

3社間の方が回収がスムーズなので、手数料は安くなりますが、2社間はファクタリングを利用することを売掛先に知られずに行なえます。

売掛先とは、つまり取引先であり、取引の相手にファクタリングの利用を知られると「あの会社は資金繰りに困っている」と思われ、信用に傷が付く恐れがあります。

医療報酬債権ファクタリングとは

医療報酬債権ファクタリングは、一括ファクタリングの売掛債権が医療報酬となったものです。

医療機関が医療報酬債権となる

  • 国民健康保険
  • 社会保険

に請求する保険点数に応じた金額をファクタリング業者に売却して現金化することを指します。

お医者さんはお金持ち、というイメージを持つ人もいますが、後払いの保険診療に資金繰りが厳しい病院も少なくありません。

この医療報酬債権ファクタリングには障害者や高齢者などの給付金も現金化されるケースもあります。

債権保証ファクタリングとは

保証ファクタリングでは、前述の一括ファクタリングと医療報酬債権ファクタリングとは違い、売掛債権を売却するのではなく、利用する会社は売掛金をファクタリング業者に「保証」してもらい融資する方法となります。

したがって売掛金の売買ではなく売掛金を担保にお金を借りるという手法になるのです。

建設会社など、完成までに長い月日がかかる業種は、取引相手が途中で倒産するリスクも高くなります。

そのため倒産時に売掛金を支払ってもらうための保証として利用します。

ファクタリング手数料は安く、保証料を支払う必要がありますが、国土交通省が下請債権保全支援事業として一部負担してくれるケースもあります。

国際ファクタリングとは

国際ファクタリングは、貿易会社を対象とるファクタリングサービスの種類です。

国際ファクタリングも、保証ファクタリングの1種であり、いわゆる信用状と同じような役割を持っています。

信用状とは、貿易関係では当たり前に利用されているシステムであり、海外との取引によるリスクを回避するものです。依頼されたファクタリング業者は、取引先の信用調査を行い、さらに代金支払いの保証をします。

信用状と同じ保証をしてくれて、さらにスピーディーに現金を手にすることが可能なサービスです。

商品引き渡しや代金支払いにタイムラグが生じ、国内との取引では起こりえない代金回収のリスクが高くなるため、国際ファクタリングを利用することで代金回収を確定させるのです。

国際ファクタリングの利用には取引先の同意も必要なので、その点だけがネックとなる可能性があります。

中小企業の多くが活用している一括ファクタリングの2社間

一括ファクタリングの2社間

4種類のファクタリングは、それぞれに大きな違いがあり、利用する側の目的も違っています。

ファクタリングを利用する場合には、目的や債権の種類に応じたサービスを選ぶことが必要です。また、手数料や保証料などにも差があります。

一般的なファクタリングの方法となる一括ファクタリングでは3社間は金融機関や大手企業によるファクタリングとなり大多数となる中小企業や個人事業主が利用するのは民間ファクタリング会社による2社間でのファクタリングサービスです。

金融機関による3社間ファクタリングは企業の年商や売掛債権の金額など条件が厳しく、一般的な中小企業では到底利用することはできません。

そのため多く中小企業の資金繰りを改善することができるのは民間ファクタリング会社での2社間ファクタリングなのです。

-ファクタリングサービスのいろは
-, , , ,

Copyright© ファクタリングで売掛金を即日現金化【資金調達ホットライン】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.