売掛金現金化のファクタリングで事業資金を即日調達!ファクタリング業者徹底比較資金調達ホットライン

ファクタリングで売掛金を即日現金化【資金調達ホットライン】

注意すべきファクタリングのポイント

過去に逮捕された【ファクタリングを装ったヤミ金融業者】

投稿日:

ファクタリングは金融サービスとしてはかなり最近から始まったもので、日本ではまだ歴史というものがほとんどなく、言わば手探り状態で展開されている部分も決して少なくありません。

それをいいことに、中にはこのファクタリングを詐欺に利用しようと考えているような輩まで居るので、利用の際には注意しないといけません。

ここでは実際に過去にあったファクタリングを悪用した逮捕事例を挙げて、このような会社には注意をした方がいいという点をまとめてみたいと思います。

ファクタリング自体が法律に違反している訳ではありません

ファクタリングは法律に違反しない

逮捕された業者はファァクタリングを装った違法融資

ファクタリングを悪用して逮捕された事例では、2017年の1月の東洋商事という会社が記憶に新しいところです。

この東洋商事が行っていたのは実際には売掛債権の買取となるファクタリングではなく、ファクタリング名目で融資をするヤミ金融だったのです。

つまりファクタリングを装って売掛金を担保に融資を行い、違法な金利を得ていました。

もちろん売掛債権を担保に融資を行うABLというファクタリングの方法もありますが、お金を貸し付けるため貸金業者としての登録がなければ違法行為となります。

大手の金融業者では貸金業に加えファクタリングを行っているところもありますが、東洋商事は許可や資格の必要ないファクタリングを装い資金繰りが困難な中小企業に高金利での融資を行っていたのです。

したがって貸金業の登録のない会社が融資を行ったとして貸金業法違反として逮捕されました。

売掛金の担保融資には注意が必要

ファクタリングにはこのように売掛金を担保とし融資するケースと、売掛金そのものを売却するケースがあります。

売掛金の売買であれば単純な取引となりますので特に問題はありませんが、ファクタリングと称し融資を行う業者には注意する必要があるでしょう。

売掛金の売買は違法性はなく安全

売掛金売買の安全性

売掛金の売買は合法です

売掛金は法律的にも立派な債権に当たります。

この債権とは対象先からその金額を請求できる権利のことで、売掛債権の売買に違法性は全くありません

期日前の売掛金はそれを実際に受け取れる日にちがあるので、その日までにどうしてもお金が必要であれば、多少割引をされてもすぐに現金で受け取りたいというケースも少なくないでしょう。

そこで活用できるのがこの売掛金の売買となるファクタリングです。

売掛金の担保融資には危険なケースも

ファクタリングを装ったヤミ金融のように、売掛金を買取ではなく担保として融資を行うという場合には注意した方がいいでしょう。

もちろん債権担保融資を行っているきちんとしたファクタリング会社もありますが、それはどちらかと言えば融資に当たり、ファクタリングと呼んでいいのか微妙なところがあります。

そして債権担保融資を業務として行えるのは貸金業者として免許を所持している会社だけなので、実質的にはファクタリングというより、金融業者に売掛金という担保を提示して融資を申込むことに近いと言えるでしょう。

売掛金の種類によっては担保にする融資

医療報酬などのファクタリング

介護報酬や給付金のファクタリングは原則的に融資形式

  • 介護報酬
  • 医療報酬
  • 給付金

これらは国保連に対しての売掛金の一種だとも表現できますが、もちろん直接売買ができるような債権ではない為、ファクタリングに利用できても売買ではなく、あくまで担保という形になります。

このような介護報酬や給付金を専門にファクタリングを行っている会社も多くありますが、その特徴は、先に一括で支払ってくれるという点です。

介護報酬を担保にするなら、大抵の場合でその8割の現金がすぐに受け取れます。その後で実際に支払いがあった時に手数料を上乗せした金額を支払うという形です。

-注意すべきファクタリングのポイント
-, , , ,

Copyright© ファクタリングで売掛金を即日現金化【資金調達ホットライン】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.