売掛金現金化のファクタリングで事業資金を即日調達!ファクタリング業者徹底比較資金調達ホットライン

ファクタリングで売掛金を即日現金化【資金調達ホットライン】

注意すべきファクタリングのポイント

二重譲渡・架空債権とは?ファクタリングを悪用する企業を分析

投稿日:

ファクタリングを利用する企業の多くは、基本的には経営の建て直しを望んでいる、もしくはビジネスチャンスを逃さずに掴むためなどに活用するところばかりです。

現金を準備するための資金繰りに奔走していますが、ファクタリングをビジネスを成功させるためのひとつの手段として正しく使おうと考えています。

ところが、中には架空債権二重譲渡によってファクタリング業者を不当に出し抜き、悪用してやろうと考えている企業もあるようです。

そんな悪用の意図のある企業によるファクタリングを悪用する手口とそのリスクを紹介します。

ファクタリングの二重譲渡とは

債権の二重譲渡によるファクタリング

債権の二重譲渡とは、ファクタリングの悪用でもっとも多く用いられることのある方法であり、悪質なものになると、二重どころではなく三重、四重に売掛金を現金化するケースもあります。

二重譲渡によるファクタリングは簡単にいえば売掛債権を2つのファクタリング業者に売ってしまうことです。

1社目のファクタリング業者にある売掛債権を売却して現金を受け取ったのに、さらに同じ債権を他の業者に売却して現金を受け取る行為を二重譲渡といいます。

二重譲渡の被害を防ぐために、ファクタリング業者では契約時に債権譲渡登記を行ないますが、登記を行なわない留保によるファクタリングもあるため、そういった場合には二重譲渡が行われる可能性があるのです。

しかし債権譲渡登記をしなかったからと言って二重譲渡を企めば、売掛金の支払日には売掛金が支払われないことでファクタリング業者にバレてしまいます。

二重譲渡は詐欺罪に問われる

二重譲渡はファクタリング業者にとっても手痛い悪用パターンであり、悪質で重大な契約違反となります。

二重譲渡がファクタリング業者に発覚すれば、詐欺罪に問われ、刑事事件として告訴される恐れがあります。

またさらに、登記をせずに二重譲渡された場合には、ファクタリング業者は売掛先に債権譲渡通知を送ります。

すると、売掛先は自社の売掛金を使ってファクタリングした事実を知るとともに、二重譲渡のせいでトラブルに巻き込まれたと感じるでしょう。

ファクタリング業者からは告訴され、取引先からは信用を失い、順調なビジネスや生活は送れなくなります。

架空債権を現金化するファクタリングとは

必要書類の改ざんはNG

ファクタリングで行なわれる悪用の方法としては、架空債権を用いたファクタリングの利用があります。

架空債権とは、文字通り架空の債権を自作することであり、その架空債権によってファクタリング業者から現金を引き出すことです。

ありもしない取引、やってもいない仕事をやったように偽装して、ファクタリング業者に申し込みます。

偽装には架空債権の種類としては

  • 請求書の偽造・捏造
  • 決算書の粉飾
  • 試算表の粉飾

などが行なわれます。

また、架空債権の悪用に取引先も関与していることもあります。

共謀して架空の売掛債権を作り上げ、ファクタリング業者から金を引き出します。

架空債権によるファクタリングはいずれの方法であれ、架空債権での審査が通って現金を業者から引き出せても、売掛金の支払い期日が来たら入金されることはありませんし、ファクタリング業者に支払う現金はありません。

そのため、支払い期日になれば、確実に売掛金がないことが発覚することは間違いありません。

架空債権によるファクタリングは犯罪

架空債権によるファクタリングの悪用は、詐欺罪として被害届を出されたり、刑事告訴される可能性があります。

また、そのまま放置しておくと、架空請求で名前を利用した取引先に対して連絡が行ってしまう恐れもあり、先々の取引先との関係性にも問題が生じるでしょう。

ファクタリング業者はあらかじめ売掛先の審査を行うため、架空の請求であっても売掛先は実在のものを使わなければいけません。

そのために使われた会社は詐欺行為に利用されたことを知りますし、トラブルに巻き込まれたことで、今後の取引を避けるようになるでしょう。

その他のファクタリングの悪用行為

ファクタリングの悪用行為としては、上記2種類のものが多く見られますが、それ以外にも法的に問題がある、訴えられる可能性のある行為はあります。

悪質な行為は知らずにやっても訴えられ、信用を大きく損なうことがあるため、知識を備えておくことも重要です。

譲渡後の計画倒産

債権をファクタリング会社に譲渡した後で計画倒産をすることも悪質な行為です。

あくまでも、意図的に計画倒産を企んだ場合となります。

ファクタリングの事例の中には利用後に売掛先が倒産してしまうこともありますが、これを計画的に行なえば、ファクタリング業者は売掛金の回収先を故意に奪われたことになります。

ファクタリングで譲渡した売掛金流用

ファクタリングで譲渡した売掛金は、業者のものとなり、入金された現金もファクタリング業者に権利があるものです。

それを自分で使ってしまうと業務上横領として告訴される恐れがあります。

二重譲渡同様に、売却した売掛金を使うことは許されません。

悪用の事例からファクタリング審査の厳しさの意味を理解

ファクタリングで行なわれている悪質な利用の手口を紹介しました。

悪用の事例を知ったからといっても、真似することは許されませんし、実際に行使すれば犯罪として逮捕されることになるでしょう。

こういう事例を知ることで、悪いことを真似るのではなく、ファクタリング業者の手続きや審査の厳密さや慎重さへの理解を深めましょう。

また、ファクタリングを行う際には不審な利用者と疑われないためにも、誠実な態度や情報の開示、必要な手続きを行なうことが大切です。

-注意すべきファクタリングのポイント
-, , , ,

Copyright© ファクタリングで売掛金を即日現金化【資金調達ホットライン】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.